本当のニキビケアはいったい何が正解なのか?ニキビは思春期から気になりだしたり、大人になってもできるニキビと種類が実は複数あるのはご存知ですか?正しいニキビの対処法を身につけましょう

これまでとは異なるニキビケアを行う洗顔料の選び方

ニキビにお悩みの方であれば、その対処法についていろいろと調べたり研究してみたりしているかと思います。

調べた結果はいかがでしょうか?誰かが言っていたことを試した結果、ニキビは治ったでしょうか?

おそらく多くの方はニキビに良いといわれる方法を試したにもかかわらずニキビが治らなかったことでしょう。これだけ情報が氾濫しているにもかかわらず未だにニキビに悩む方が多いということはどのようなことを意味しているのでしょうか。

従来のニキビケア

これまで勧められてきたニキビケアは、泡で皮膚を傷つけないように洗顔を行い、保湿をする方法です。もはや誰でも知っている方法ではありますが、それでもニキビに悩む方は一向に減りません。この方法を試したにもかかわらず多くの方のニキビが治らないということは何かしらの間違いがあるのかもしれません。

ニキビケアで重要なこと1

ニキビケアで重要なことは肌を乾燥させないことです。これは従来から指摘されていた通りです。おそらく多くの方が気を付けているポイントですが、気を付けても実践できていない方が多いと考えられます。多くの方が利用している脱脂力の強い洗顔料は、汚れを吸着するとともに必要な油分まで奪い去ってしまいます。そのため、洗顔をすればするほど肌が乾燥しニキビができやすくなるのです。もちろん、化粧水などで保湿を行っているでしょうが、化粧水の使用によりかえってお肌を乾燥させてしまうこともあるのです。ですので、保湿に気を配った洗顔料を選ぶことが重要なのです。

ニキビケアで重要なこと2

ニキビケアでは毛穴などの汚れを落とすことが重要です。しかし、とにかく汚れだけを落とせばよいというわけではなく、お肌を良い状態に保ちながら汚れを落とすことが重要です。この点を実践できる洗顔料を選ぶことが重要です。

ニキビケアで重要なこと3

良いニキビケアはニキビの悪化を許しません。毛穴などが詰まるとニキビ菌が毛穴の中で繁殖し炎症を起こしてしまいます。炎症を起こさないように配慮された洗顔料を選ぶことが重要です。

選ぶべき洗顔料

これまでとは異なるニキビケアを行いたい方は、肌や毛穴の汚れは吸着しながらも適度な保湿力がある洗顔料を選ぶ必要があります。また、万が一、ニキビが悪化した場合に備えて抗炎症に配慮した洗顔料であることも重要です。

以上の基準で洗顔料を選べば、これまでとは異なるニキビケアができるでしょう。